哀愁自転車

未分類

我が家の自転車は乗ろうとすると
パンクしている。

自転車屋さんに直してもらう。

満足して物置にしまっておく。

しばらく乗らず、
また、直してもらう。
そんなことの繰り返しで、
ほとんど乗っていない自転車

今回もまた直してもらおうと自転車屋さんに見てもらうと、
タイヤまでダメなので両輪で、8000円かかると言われた。

それまで出す価値があるだろうか?
微妙!
チェンジが付いているのでこのクラスの自転車を買えば25000円くらいはすると言われた。
見た目はきれいな自転車だが、どうしたものか?

貧乏性の私は 迷う!

買うなら電動自転車がいいし、
本当に今必要かしら?

車に乗っている間は多分使わないでしょう。
車に乗らなくなったら、多分体力的に
自転車にも乗れないでしょう。

息子に相談したら、
必要になったらその時買えばいいと言う。
その時には安全性のしっかりした老人タイプが出てるかも、
三輪自転車もありかも。とか言っている。

そうだよね。
今はまだ車、中心生活だし、歩くことも必要だし、
き~めた!

粗大ゴミに出そう!

物置を開けるたびに眺めていた自転車ともお別れです。
壊れていないものを捨てるのは忍びないですが、
(壊れていると言うのかしら)
断捨離、断捨離と言われる今の時代
これも仕方ないですね。

ありがとう、私の自転車!

最近、自動車や自転車の事故が多い。
息子に相談して何と言われるか心配でした。
「もう車に乗るのを考えたら」と
言われたらどうしようと思っていましたが、
まだその言葉はなかったので、
信頼してくれているようです。

そのためにも、安全運転を心がけます。

タイトルとURLをコピーしました