和食で薬膳料理

未分類

ある記事を読んでいたら、和食こそ薬膳料理だと書いてありました。

薬膳と言うと苦い、臭い、特別な食材と思いがちですが、

そうではなく、四季折々、その時期の旬の食材を

組み合わせる事が基本だと言う事です。

乾燥するこの季節は白いものを食べる。

白いものとは、旬を迎える

大根、かぶ、レンコン、長芋、里芋などだそうで、

旬の食材で、旬な食べ方をすること。

医食同源の中国では、食材の色をその働きとして

活用していると言うのです。

緑は 肝臓

赤は 心臓

黄は 消化器官

白は 肺

黒は 腎臓

自分の体に耳を傾け、体調が悪いと感じたら

気になる色の食材をちょっと足せばいいのだそうです。

黒い食べ物で、わかめ、昆布、椎茸、きくらげ、黒ゴマなどは

生命力を養うものなので、毎日取り入れるといいそうです。

これから迎える冬は滋養をため込む季節なので、

ダイエットは絶対にダメらしいです。

ダイエットはしたくてもできない私、

そして、ほとんど旬の野菜しか食べていない私は

薬膳料理そのものを食べているような気がしますが、

なぜか栄養のバランスが悪いんです。

その原因は、 間食? 

タイトルとURLをコピーしました