クーポンって得?損?

未分類

私がスマホを持つようになり、

○○payをやるようになり、

色々なアプリをダウンロードするようになり、

色々なところから、

プレゼント!

クーポン券!

と言って私に誘いかけてきます。

只より高い物はないとわかっているのに、

つい心が傾いてしまいます。

昨日もそれに乗せられて、

IKEAのお誕生日プレゼント500円分を使うために

出かけました。

人のいないところを狙ってパシャ

2000円以上のお買い物をすると、 (食料品はダメです)

500円のお値引きしてもらえます。

2000円といわれても、何も欲しいものがありません。

結局は、ビニール袋と799円の壊れそうな時計を買い、

フードコートで食事をしてきました。

日曜日なので大混雑
こんな長いの、何を入れましょうか?

欲しいものがあれば出かけた価値はありますが、

何もないこれはお得と言うのでしょうか?

去年もそういえばIKEAのブログ書きましたよね。

今年はあんな喧嘩はなかったんですが、

食事している時、隣の席のご夫婦のご主人の気の付くこと。

その事が羨ましくて、ついつい主人と比べてしまい

心の鬼が暴れだしそうでした。

我慢、我慢。

メニューを決めるのも、

席を取るのも、

何でも私の好きなように

私がすればいいというんです。

主人はこれを優しさだと思っているのかしら?

今の時代、人はこれを優しさとは言わないですよね。

結局は面倒なだけなんでしょ?

タイトルとURLをコピーしました