今日は昨日の腰紐つながりで~

ブログ

昨日のブログに腰紐の事を書きましたが、
書いていて思い出したことがありました。

私が沢山腰ひもを持っている理由です。

私は結婚して10年くらい、冬には着物を着ていました。
(今では信じられないですよね。)
あの当時、普段着はウールの着物でした。
上に割烹着ではなくて着るもの
(紐を横で縛るもの、なんて言うのでしたか?)
を着て作業していました。
アンサンブルで作ってもらったりしましたね。
全部母の手作りでした。

近所の人達も着物を着てました。
幼稚園のバスの送り迎えに
着物を着てショールを羽織って行った気がします。

お出かけにもいい着物を着てでかけていました。

33歳の厄年の時には母が厄除けの意味を込めて
「長い物」「七色の物」とか言って
着物と帯を作ってくれました。

着物をあまり着なくなってからは、スカートでした。
その頃は今のようにパンツ(ズボン)を履くなんて
思ってもいませんでしたが、
今ではパンツしか履きません。


お行儀が悪くなるはずですね。

長じゅばんに半襟をつけるのも面倒でしたね。

今は着物を着ることなんて考えられません。

と言う事は、今持っている着物はもう着ないと言う事です。

ウールの着物は全部処分しましたが、
お出かけ着だけはまだ残っています。
作る時に着物の値段も聞いているので、
それを思うと踏ん切れないのです。
でも娘もいないし、
思い切らないといけないです。

どなたか気持ちを振り切る方法を教えて下さい。

タイトルとURLをコピーしました