筍の卵とじ、知らないの?

食べ物

タケノコの卵とじ、友達に聞かれました。


以前ブログに書いたような気がするのですが
見当たらないのでまた書きます。

竹の子の時期になると私はいつも竹の子の卵とじをつくります。
そのことを誰に話してもそんなの知らないと言われます。


母がいつも作っていてくれた味です。
田舎だったのでお洒落に1〜2切れを
盛り付けるなんていう料理ではなくて
採れたての竹の子をドカンと煮ます。
ご自分の好きな味付けで煮て、卵でとじるだけ。

味が染みるように、
ちょっと待ちましょうかね

これ、料理?

卵でとじて、はい、出来上がり!


きっと子供が喜ぶように卵を入れたんだと思います。
弟も竹の子を見ると卵とじで煮てくれと義妹に言うみたいですが
味が母の味とは少し違うのでしょうか?


実家で丁度その場に居合わせると
「お姉さんの味で卵とじ煮てくれない?」とか言ってきます。
誰が煮ても、またそこの家の味でいいのですが
何故か母を思い出す味ってありますよね。


竹の子の卵とじはその一つです。


そういえば母の茶碗蒸しも美味しかったです。


椎茸を甘辛く煮て入れてありました。
これまた卵を使っていますね。
だから私は卵が好きなのかしら?
プリンとかも大好きです。


体が細くて、ひ弱な私だったので(笑う所ですよ)


滋養強壮のために母なりに考えて食べさせてくれていたんでしょうね。

コメント

  1. はな より:

    土筆の卵とじは作りますが、筍は初めて!
    筍の若竹煮やオカカ煮は作ります。

    • boobiroku より:

      そんなお上品なものとは違い本当に田舎料理です。
      おかか煮は美味しいですよね。
      鰹節いっぱい入れて。
      次回はそれにしようかな?

  2. 元気ばば より:

    はなさんも知らない たけのこの卵とじですよね
    私も初めて 聞きました。

    それぞれの家庭の味 母の味です。

    主人も幼い時に食べたものを作ってくれ と言いますが 食べたことのないものは作るのがむつかしい

    • boobiroku より:

      元気ばばさんでも知らないことがあったんですね。

      私も主人の母の味は知りません。
      味音痴の主人なんで、助かります。

タイトルとURLをコピーしました