珍しい物ばかりです。

ブログ

緊急事態宣言解除を受けて、3か月ぶりにカットしてきました。

なんて頭の軽い事。
短くカットしたので、この時期になっても、首筋が涼しいです。

今日は珍しい物を皆さんから頂きました。
初めての物ばかりです。

トウ蕗というそうです。

まるで里芋の茎のような、大きな蕗でした。

固いかな?いいえ、そんなことありません。
田舎風の味付けで煮つけ、美味しかったです。

これは何という名前でしょうか?

小麦粉に茗荷の刻んだものを入れジャガイモをすりおろし、その汁で練った皮。

餡を包んだもの。
蒸してあります。

そして先日は節麺という物を頂きました。

美味しい麺の隅っこなので味は抜群!

節麺 - Wikipedia

私の知らないものがいっぱいあります。

ありがとうございます。

コメント

  1. 元気ばば より:

    フキは硬そうですが 美味しかったとのこと
    スーパーで売っていたものではありませんよね
    煮方が上手だったのでしょう

    • boobiroku より:

      こんな大きな蕗は始めて見ました。
      山で採れるんでしょうかね?
      元気ばばさんが知らないなら、
      私が知らなくて当たり前です。

  2. はな より:

    この3品初めて見ましたぁ! 何だか、素朴で懐かしい味を想像してしまいますが、茗荷を刻んだお饅頭、皮が何味なのか?想像出来ません。食べてみたいぃ!

    • boobiroku より:

      本当は茗荷の葉っぱでくるんで蒸すらしいのですが、
      ないので、茗荷を刻んだっと言われていました。
      本当に素朴な味で、どこかの郷土料理でしょうね。

タイトルとURLをコピーしました