くん炭

ブログ

今日友達が私の畑を見学に。
そんな大それたことではないのですが、
立ち寄ってくださいました。


お土産にすごく珍しいものをいただきました。

くん炭と言うらしいです。

燻炭(くんたん)とは、
お米を籾から籾殻を取り除いた際に発生する籾殻(もみがら)を
いぶし焼きして炭化させたものです。

畑や田んぼにすき込むことで、
土中の通気性や保水性が向上し、
好気性微生物が増えたり、
根ぐされ防止されたりするらしいです。

これはいい肥料になるらしいです。


昔は稲刈りの後,田んぼで燃やしていましたよね。


今はなんでも燃やしてはいけないですが、
私、内緒で鍋の中に籾殻を入れて燃やしてみましたが、


全然燃えません。

燻炭器というものを使って作るらしいですね。

それと米ぬかもいただきました。

米ぬかは土を豊かにする肥料だそうです。

窒素やリン酸など、米ぬかの成分が植物の成長をゆっくりと促し、
さらに成長を支える有機肥料として大活躍するそうです。

いい先生に教えて頂いて、
また、こんないい物を頂いて、
うまくできないはずはありません。

野菜作り頑張ります。

コメント

  1. せつこ より:

    えぇー !
    またまた、畑に良い情報が貰えましたね。
    ますます 本格的になりますね

    これも、一生懸命だからこその情報ですね。

    私も遠くから応援してますから
    受け取って下さいね。
    通じてますか?

    • 夢子 より:

      毎日応援ありがとうございます。
      しっかり届いていますよ。
      こんなコメント頂いて本当に嬉しいです。
      私のブログより貴女のコメントを楽しみにしている友達もいます。
      これからもよろしくお願いします。

  2. 元気ばば より:

    いいものをいただきましたね。
    これで バッチリ 収穫は期待大です。

    道具があれば クンタン 作ることできるのですよね。

  3. はな より:

    台所で薫炭を作ろうとしたんですか?夢子さんらしい!
    私は糠を胡瓜のウドンコ病になった葉っぱに振りかけたりしてます。
    果樹の根本に鋤き込むと実が甘く成るとか?

    • 夢子 より:

      台所ではないですよ。いらないお鍋に穴をあけて、
      外で燃やそうとしました。
      紙を燃やすのとは違いますね。
      全然燃えませんでした。
      糠がうどんこ病にいいんですか?知りませんでした。
      メモ、メモ。

タイトルとURLをコピーしました