遂にきました○○サイン

未分類

主人を灯油入れ当番に決めてから
私は心を鬼にしてじっと見守ってきました。
「俺が入れるとなぜかこぼれるな」と言いながら
何回か入れてくれていました。

そして今夜、遂にきました。
灯油切れのサインです。
時間は夜9時。
黙っていようかと思いましたが、明日の朝のことを思い
一応主人に
「灯油切れのサインが出て切れてしまったよ。」と伝えました。
私が入れてくれるだろうと思ったのか
ふん、と言って薄ら笑いをしていました。

ダメダメ、我慢、我慢。
さっさとお風呂に入り知らんぷり。
諦めたようで灯油を入れに行きました。
多分、これに懲りてもう少し早めに入れてくれるでしょうね。

「あ・り・が・と・う」

タイトルとURLをコピーしました