未分類

母の命日

投稿日:

2月3日は母の命日でした。
私は一時も母のことを忘れたことはありません。
それは皆さんも同じでしょうが、
私は異常に母の存在を思い出しています。
大好きだったからか?
今になって後悔の念?
もっと母に思いやりを持って接してあげればよかったと。
亡くなる前は本当に存在が小さな人になってしまったようで、
コチョンと座って大好きな編み物をしていました。
教えるくらいだった人が、だんだん編み物がわからなくなってきて
嫁に聞かなくてはいけないのが悔しいとぼやいていました。
私はそんな母の言うことに、「はい、はい」と半分は聞き流して知らんぷりしてました。
「そうだね」とどうして同意してあげなかったのかと、
自分の冷たかった態度に腹が立ちます。
でも、幸せな母だったと思います。
長男夫婦と一緒に住み色々あったでしょうが皆に慕われていました。
甥っ子達もすごく優しくて母の思い出話が
いまだに出てきます。

私が今でも忘れられないのが、
嫁が母の遺体に向かって

「至らない嫁でごめんね。」と言っていました。

これはお上手でも、演技でも出来る事ではありません。
これは本心でないと言えないと思いました。
本当に有難かったです。

実家のお墓は小さなお墓ですが、いつもきれいな花が活けてあります。
私はいつも「こんなきれいな花でなくても、庭に咲いているそこら辺の花でいいよ」
と言っていますが、お墓を見るとちょっと嬉しく感じてしまいます。
ご先祖様も父母も幸せですね。
本当にありがたいです。

-未分類

執筆者:

関連記事

また、意見の食い違う主人との会話です

朝、髪を整えていた主人が 「おい、整髪料は何処にあるんだよ?」と、 空っぽになってからこんな風に叫んでいます。 いつも私は気を利かせて予備が買ってありますが、 それがどこにあるかもわからないんです。 …

新元号 令和

新元号 令和 に決まった。 気分新たに次の時代も頑張って生きよう。 今日、この日を忘れないために 1行だけでも記しておこうと思う。    

大好きです。

先日、お友達に頂いたおいしいお菓子を冷凍して大事に、大事に頂きました。 私はこういう粉物のお菓子が大好きなので、とってもうれしいです。 好きだということは、すぐに食べたい。いくつでも食べたい。 でも、 …

今、凝っていること

それは先日、友達に教えて頂いたお料理です。 お料理?????と言えるでしょうか? 私が面倒だと思わずに出来る事なので、 お料理だと言えないと思いますが。 それは玉ねぎチン!です。 新玉ねぎの頭を少し切 …

おせち料理で思うこと

今年はおせち料理もほぼ食べ終わり、ほっとしています。 この写真は我が家のおせち料理ではないですよ。 毎年、喧嘩状態で、片付け仕事のようにおせちを食べていました。 私達も食べる量が年々減ってきましたが、 …